ダウン症が愛しく、可愛くなるブログ

ダウン症 りゅうまのブログ

ダウン症りゅうまのブログ

ダウン症 新生児 

投稿日:

ダウン症の特徴1 顔つき

ダウン症の新生児はすぐわかると言われています。

まず顔つきですが、どのサイトを見てもつり目、耳が定位置、鼻が低い。首の後ろのだぶつき。

手がずんぐりとして指が短く太いなどと書かれてあります。

りゅうまのダウン症の告知をうけるまで、毎日ネットで調べまくりました。

あ、絶対に違う、そうかも。その繰り返しです。

本当に微妙なのです。

ただはっきりと違和感があったのは?不細工?目がちっちゃ!!

?という漠然とした疑問でした。

今までの新生児特有の不細工とはまた違うんです。

画像ではわかりにくいです。

あと、首の後ろがこんなにフニャフニャだったかな?

という違和感でした。もっとハリがあったような。と抱くたびに感じました。

りゅうまは手足も普通の長さで、関節などもあり、見た目を判断するのが

本当に難しい子でしたが、何かが違うという感じでした。

ダウン症の特徴2 泣かない

顔つき以外の特徴は泣かないことです。

身体の緊張が弱い為(低緊張)泣くことに筋力を使えないのか、もしくは体力がないのか。

となりで他の赤ちゃんがぎゃーぎゃー泣いていても、りゅうまは眠ったまま。

違和感ありありでした。

時に、泣く子もいるようですけど。泣いても力が弱く腹から出せていない。泣ききれない。

ダウン症の特徴3 耳折れ

明らかに耳の上部が折れてます。

あと、耳が通常の赤ちゃんの半分の大きさしかないくらいミニサイズです。

こちらは長男ロンの新生児のときの耳です。

耳の大きさも位置も違うのがわかると思います。

ダウン症の特徴3 低緊張

低緊張とはその字のごとく緊張感がない状態。主に、油断している時、わかりやすいのが

寝ている時通常、新生児は両手は上に、両足もM時のようになって寝るそうです。

りゅうまは比較的状態がよく、正常に寝ていました。

このようにりゅうまの寝方は普通です。

しかし、低緊張の状態が強い子は、両手は横にバンッと伸び、足もカエルが上向きに寝ている

時、少し曲がった状態で、伸びている感じの寝方だそうです。

ダウン症の特徴3 産まれた頃から二重

これには違和感を感じました。

長男、次男とも一重で、主人は一重、私も奥二重。

こんなにはっきりとした二重はおかしいかも?という感じでした。

しかしなぜか今は時々片目だけ二重という感じになっており、上の二人に似てきてます。

ダウン症の特徴4 足の裏の指紋

足の指紋の弓状紋。

http://www.m-commercekk.jp/main/techno.html

 

通常、蹄状紋,渦状紋がほとんどだそうですが、ダウン症の人は弓状紋の確率が多いそうです。

足にインクをつけて紙に写し、プリンターでスキャンしてパソコンで引き伸ばす。

などやってみましたがなにせ足が小さいので見えず、普通に主人がもっていた虫眼鏡でみたら

弓状紋でした。

他にもたくさんの特徴があるようです。足の指が短く、指と指の隙間が空きすぎているとか。

肌が乾燥しやすい、舌が長く、ミルクや母乳をのめない。いつもペロペロして口元で舌を出している。口が常に開いている。でも初めてお子さんを出産される方にはわかりにくい特徴かもしれません。

顔つきだけでは判断できないそうですけど、プラスなんらかの合併症が見られた場合は

出産後すぐに疑いをかけられ血液検査を勧められることが多いようですが、合併症もなく、元気であれば現在は自然のなりゆきにまかせ血液検査を勧めないこともあるそうです。

りゅうまは左の耳が少し聞こえにくい程度であとはなにも問題ありませんでした。

次回は合併症の話をしたいと思います。

お付き合いありがとうございました。

-ダウン症りゅうまのブログ

Copyright© ダウン症 りゅうまのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.