ダウン症が愛しく、可愛くなるブログ

ダウン症 りゅうまのブログ

日々の自宅療育のすすめ

ダウン症・知的障害の療育について。

更新日:

皆様こんにちは。

ダウン症りゅうまの母、ニニモモです。

現在生後4ヶ月半に入りました。

先日は近くの公園につれていき、テントの中で初寝。青空の中気持ちよく寝れるのかなと思いましたが、逆に疲れるんですよね。

あれ。お花見の時に、昼寝すると疲れません?妙に肌寒かったり、日中は激熱だったり。りゅうまもきっと疲れたんでしょう。

家でぐずってました。

療育について。

いろいろ私なりに調べた結果やはり、ダウン症の早期療育は絶対に欠かせないわけで。

ダウン症は健常児より真っさらな為、すごく療育の影響をうけやすいのではないかと思います。

私そういえばアロマカウンセラーの資格があるのをふと思い出し、精油はいいのではないかと

ひらめきました。

以前何かの記事で、海外で認知症のサプリメントをダウン症の子供に飲ませたところいい効果が得られたとの結果でした。(あくまで自己責任なので真似はしないように)

アロマの師匠に確認し、認知症に効く精油、且つ赤ちゃんに使用できるもの。

認知症に効くというか、脳に刺激や反応を与える精油としてラベンダーが使えるという指示の下、

目分量ですが(本来は軽量してください)

料理用のオリーブオイルに数滴のラベンダー精油を垂らし、それをお風呂上がり、また朝に用いて

ベビーマッサージを施しています。

マッサージは基本的に、ダウン症児に向けたマッサージの本を参考にしています。

 

 

その他、ドーマン研究所のプログラムも試しています。(詳細は後日)

足の裏の刺激は脳だけでなく、早く歩くことにもつながります。

確かにダウン症はゆっくり育つと言われていますので、のんびりした気持ちも必要ですが、

かと言ってそれにかまけて、放置していては脳も身体も成長が遅いままでおっきくなって

脳が固くなり、吸収も悪くなる。そんなことにもなりかねません。

ですから、早期療育はのんびりした気持ちでの子育てを推奨しつつ、矛盾し早期療育もすすめられているのです。

私の住んでる地域ではあまりダウン症の療育についての民間企業も、公的機関もまだまだ発展していないので、出来る限りの情報を得、自宅での療育を頑張っていくつもりでです。

精油についての効果、また自宅での療育など次回説明していきます。

兄弟愛。

我が家は幸運にも兄弟にめぐまれ、りゅうまはすくすく育っています。

シーンとしている時間がないので、常に、言葉や物音が響いています。

脳に入っていると思います。脳を刺激し、心も刺激されていると考えます。

なるべく多くの語りかけをしましょう。

-日々の自宅療育のすすめ

Copyright© ダウン症 りゅうまのブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.